仕事紹介

WORK
06

ルーム
アドバイザー職

大東建託リーシング2017年入社

この先輩の声を読む ▼

夢は毎月の売上目標を達成する営業マン。

ルームアドバイザー職の仕事は、お客様にぴったりのお部屋をご紹介ことです。お客様がどのようなお部屋を求めているのか考え、ご納得してご入居いただけるお部屋を提案します。 ただ条件に合うお部屋を機械的に提案するのではなく、お客様一人ひとりのお部屋探しの背景をきちんと聞き出し、理解することが大切です。

ルームアドバイザー職

そのほかにも、実際に現地でお部屋の写真や動画を撮影し、お部屋の情報をインターネット上に掲載したり、反響を取得するためにネットメンテナンスも行います。

ルームアドバイザー職

お客様の背景を理解し、
寄り添う。

時には感極まってしまうことも。

お客様からの「ありがとう」のお言葉はもちろんですが、鍵渡し当日、最後のお見送り時、お客様の背中を見て毎回達成感を感じます。それまでのお客様との会話がよみがえり、時に感極まることもあります。

担当が私で良かったと
お客様に思ってもらいたい。

自分がどれだけできるのか
挑戦したいと思いました。

就職活動の軸として、カウンターで接客をする仕事がしたいと考えていました。(旅行会社、保険会社、銀行窓口など。)その中で、当社に入社を決めた理由は、営業職としてカウンター接客の仕事ができるからです。自分の頑張りが反映されるインセンティブ制度も魅力の一つですね。

年間の売上目標を達成し、
ハワイに行けました!

当社では、店舗の売上目標を達成すると、キャンペーン旅行に行けるのですが、私もハワイ旅行に行くことが出来ました。これによって、売上目標に対して向かう姿勢・やる気・達成感を経験しました。当社には、常に頑張るモチベーションを保てる環境が揃っています。次は両親をハワイ旅行に連れて行きたいです!

06

ルームアドバイザー職

Q1. 土地オーナー様や入居者様、社内の人との人間関係を築く中で、
やりがいを感じる瞬間をおしえてください。
お客様やオーナー様など、社内問わず「ありがとう」の言葉をいただくときはやはり嬉しく、やりがいを感じます。
Q2. 頑張って結果に繋がったエピソードや託されている、
任されていると感じる瞬間をおしえてください。
他社と競合している案件で、その日は即決に至りませんでしたが、案内後のコンタクトを怠らず、結果的に「頻繁に連絡をくれたのは他社4社回っても川上さんだけだったから川上さんで決めたい」とお言葉をいただき契約に繋がりました。地道な努力が功を奏した瞬間でした。
Q3. 休日はどのように過ごしていますか?
たとえば、前向きに取り組んでいることなどありますか?
ジムで筋力トレーニングに打ち込んでいます。行かない日も自宅でダンベルをやる等、精神リフレッシュのためにもあえて身体に負荷をかけるようにしています。
Q4. 5年後、10年後、将来的にはどのような自分に成長していたいですか?
今はルームアドバイザー職ですが、ゆくゆくは不動産売買の担当になり、より一層スケールの大きな仕事がしたいと考えています。
Q5. どのような後輩に入社してほしいですか?
生きている以上、困難はつきものです。様々な困難に当たった時にも腐らず、耐え忍び継続できる姿が見たいです。
Q6. 最後に就活生へメッセージをお願いします。
“99苦しめば必ず1良いこと起きる”と、肝に銘じて、腐らず日々もがいています。ぜひ一緒に闘いましょう!

06

ルームアドバイザー職

Q1. 土地オーナー様や入居者様、社内の人との人間関係を築く中で、
やりがいを感じる瞬間をおしえてください。
ご来店を頂いたお客様にお部屋をご紹介させて頂き、お部屋のご案内後、お部屋を気に入っていただいた際には、お客様に最良のお部屋をご紹介できてとても良かったなと感じます。
Q2. 頑張って結果に繋がったエピソードや託されている、
任されていると感じる瞬間をおしえてください。
配属後すぐにお客様のご案内をさせていただきました。店長や先輩社員にたくさんフォローをいただきましたが、1人でお客様をご案内することに対する責任感が湧いたのを覚えています。いいお部屋を紹介したいという気持ちが大きくなり、その結果、ご契約に繋がったと思います。
Q3. 休日はどのように過ごしていますか?
たとえば、前向きに取り組んでいることなどありますか?
最近は一人暮らしを始めたので、掃除や料理を積極的にしています。お部屋探しを初めてされる方の参考になるように意識しています。
Q4. 5年後、10年後、将来的にはどのような自分に成長していたいですか?
後輩の方のお手本になれるような、頼りがいのある尊敬される人になりたいです。
Q5. どのような後輩に入社してほしいですか?
お客様の住みたいお部屋や要望をしていることを汲み取り、引き出せるコミュニケーションができる方、また、分からないことを積極的に聞ける方に入社してほしいです。
Q6. 最後に就活生へメッセージをお願いします。
営業職はインセンティブに繋がり、結果が目に見えて実感をすることが出来ます。良い結果の後はまた頑張ろうと思えます。私自身、大学生の頃、ビールの売り子のアルバイトをしていましたので、結果が分かりやすく反映されるような仕事がしたい方には向いていると思います。
TOP