仕事紹介

WORK
02

設計職

大東建託2015年入社

この先輩の声を読む ▼

自分がイメージするものが
形になる喜びは大きい。

設計職の仕事は、土地オーナー様の収益性・入居者様の居住性を第一に考えた設計をすることです。

設計職
設計職

各部署や協力業者の方と関わりながら仕事を進めます。現場へも行き、図面通りに工事が進んでいるか検査を行うことも重要な仕事の一つです。オーナー様の希望に合った建物を設計したり、図面通りの施工ができてオーナー様はもちろん、自分も、営業担当も、現場監督もみんな笑顔になる瞬間にやりがいを感じます。

一日のスケジュール 一日のスケジュール

時代のニーズに応じて、
一歩先の提案を。

完成したものには、設計者の「色」が出る。

自分の設計した建物が実際に竣工し、形になった時に達成感と充実感を感じます。業務は忙しいですが、その中でも小さな工夫を怠りたくはありません。今の時代はテクノロジーの発展により、めまぐるしく状況が変化しています。建築に求められるニーズも移り変わっているので、新しいものに挑戦し、より「いいね!」とオーナー様に思ってもらえるものを作っていけたらと思います。

02

設計職

Q1.土地オーナー様や入居者様、社内の人との人間関係を築く中で、
やりがいを感じる瞬間をおしえてください。
オーナー様の希望にあった建物を設計したり、自分のイメージしているものがカタチになったりする喜びがとても大きいです。ご要望や納期を守るために頑張って作成した図面通りの建物ができて、問題なく引き渡しができたときは安心しやりがいを感じます。
Q2.頑張って結果に繋がったエピソードや託されている、
任されていると感じる瞬間をおしえてください。
何度もお客様宅へ訪問し、最終仕様の決定となった段階で、お客様から「あなたにお任せします」と言葉をいただいたとき、信頼いただけた・任せていただけた喜びを感じることができました。
Q3. 休日はどのように過ごしていますか?
たとえば、前向きに取り組んでいることなどありますか?
友人と食事に行ったり、スポーツジムで体を動かしてリフレッシュしています。税務知識の取得の為、ファイナンシャルプランナーの資格勉強も行っています。設計業務に直接関係ありませんが、事業提案をする営業会社の社員として必要な知識だと考えます。
Q4. 5年後、10年後、将来的にはどのような自分に
成長していたいですか?
今以上に知識を習得し、構造設計の資格にチャレンジしたいです。福利厚生制度を上手に活用してライフワークバランスを取りながら、常に学び続けて、永く設計に携わっていきたいと考えています。
Q5. どのような後輩に入社してほしいですか?
挨拶や礼儀といった、相手を思いやることのできる方と一緒に働きたいです。技術的な知識はこれから教えてもらいながら身に着けていくと思いますが、仕事を進めるうえで円滑なコミュニケーションに助けられることも多いと思います。
Q6. 最後に就活生へメッセージをお願いします。
勉強や趣味、スポーツ、アルバイトなど、自分の好きなことを最後まで精一杯取り組んでみてください。その経験は社会人生活でもきっと役に立つと思います。就職活動の面接においても、自分自身が経験し、感じたことを直接伝える際に、自信をもって伝えることができると思います。

02

設計職

Q1.土地オーナー様や入居者様、社内の人との人間関係を築く中で、
やりがいを感じる瞬間をおしえてください。
何棟もの物件を担当した中で、自分の力を入れた点やデザインの工夫に気づいてもらえ、オーナー様や他部署の方に“良かった”と言ってもらえた時はやりがいを感じました。
Q2.頑張って結果に繋がったエピソードや託されている、
任されていると感じる瞬間をおしえてください。
担当していた物件が、社内の建物デザインコンテストで金賞を頂いた時に結果につながったと感じました。少ない時間の中での、力を入れた点や工夫が評価されて良かったと感じました。
Q3. 休日はどのように過ごしていますか?
たとえば、前向きに取り組んでいることなどありますか?
週末は主にキャンプに行き、外の空気を吸ってリラックスしています。
自然の中に身を置くことで、気持ちも落ち着くことができますしメンタルもリセットできます。
Q4. 5年後、10年後、将来的にはどのような自分に
成長していたいですか?
様々な知識を身につけていきたいと思っています。新しいことにも挑戦し、会社の実績にも貢献できるような存在になりたいです。
Q5. どのような後輩に入社してほしいですか?
素直で積極性のある人に入社して欲しいと思います。一年目の仕事は、上司や先輩社員から学ぶことがたくさんあるので、素直さが成長につながると思います。
Q6. 最後に就活生へメッセージをお願いします。
就職活動は今後の人生を左右する大きなイベントです。慎重に検討し、精一杯頑張ってください。皆さんと一緒に仕事をできる日が来ることを楽しみにしています。
TOP