大東建託

ナビ

完全実力主義。
自分を高める環境が、
ここにある。

佐藤 維大Sato Tsunahiro

施工管理職/2014年入社

建物の完成まで、自分の手で。

大東建託に決めた理由は、実力主義だから。これに尽きます。大学3年の時に大東建託のインターンシップに参加したのですが、20代後半の若い方がチーフとして活躍されているのを見て、かっこいいなって。若手にもチャンスがある実力主義の社風に魅力を感じて、面接を受けました。昔から負けず嫌いなんですよ。だからこの環境は、自然とやる気が湧いてきますね。
就職活動では、ハウスメーカーを中心に回っていました。出身は建築学科です。設計の仕事も考えたのですが、図面を描いて終わりではなく、現場で建物を完成させるところまで携わりたくて施工管理職を選びました。実際やってみると、やっぱり楽しいですね。何もないところからスタートして、基礎をつくって、少しずつ建物ができていく。そのプロセスではいろんな問題が起こるのですが、それを乗り越えてお客様にお引渡しする時の達成感は言葉では言い表せません。しかも大東建託では、自分の仕事ぶりや現場における利益率など、すべて公正に評価してもらえる。向上意欲を持って、自分の力で上にあがっていくぞという気持ちのある方なら、きっと活躍できるのではないでしょうか。

先読み力で、現場を動かす。

施工管理は、本当に面白い仕事です。でも、同時に難しさもある。たとえば窓を現場に搬入する際に、足場が邪魔で取り付けられないことがありました。そうすると、職人さんを呼んで足場をばらして、窓を取り付け、その後でまた足場を組み直すことになります。非常にムダな時間とコストですよね。図面を見た段階で、どの高さにどれぐらいの足場を設置すればいいかをあらかじめ計画しておくことが大切です。私はまだ未熟なので何度か手直しが発生することが多いのですが、優秀な先輩たちは一発で決める。現場での人や物の流れも計算して、どこに何を置くかも先読みされています。もう、自分とは全然違う。純粋にすごいなと尊敬しています。
今後の目標は、現場での経験も積みながら、1級建築士と1級施工管理技士の資格を取ること。資格を取得すれば将来的なキャリアの幅も広がります。会社の支援も充実していて、希望すれば研修も受けられますし、資格取得の手当てもある。実は私、ひそかな夢があるんです。それは、マイホームを設計から施工管理まですべて、自分でやること。それができたらとても大事に使うだろうし、愛着も湧くと思うんですよね。そんな夢を実現するためにも、これからも全力で自分を磨いていきたいと思っています。