大東建託

ナビ

Give&Takeではなく、
Give&Give。
常に与えられる人になる。

村田 理絵Murata Rie

事務系総合職/2015年入社

飽きっぽい私ですが、
仕事だけはまったく飽きません。

大学では地域社会学を学び、衣・食・住について研究していました。その中でも特に興味を惹かれたのが、住の分野。いろんな企業が「家」をベースに地域交流を実施していたりするんですよ。在学中にはこのテーマで論文も書いてます。だから、就職活動でも必然的に興味が「住」に向いて、暮らしにかかわる会社を中心に見ていました。最終的に大東建託を選んだのは、事務系総合職という今の職種が決め手です。総合職で事務系って珍しくないですか?仕事には全力で打ち込みたいから総合職が良くて、周りの人をサポートすることが好きだから事務職がいいっていう、欲張りな私にピッタリな職種(笑)。
実際事務系総合職の仕事は本当に様々で、いろいろな経験ができます。賃貸営業のお客様の書類を預かって、データベースに入力したり、月末にはお金関係の計算もありますし、社員さんやアルバイトさんの勤怠管理も私の仕事です。営業だけじゃなく設計や工事の仕事にも関われるし、興味の幅が広い私にはベストな環境ですね。事務職ってパソコンに向かってカタカタやってるイメージが強かったんですが、想像以上に多くの人と交流する仕事で。始める前よりも今の方がこの仕事のことを好きになりました。みんなの役に立ちたいという想いが、私の原動力ですね。

尊敬できる人がそばにいる。
恵まれた環境だと思います。

思い出に残っている仕事は、「地元PR」のイベント企画。地域の様々なイベントに出展して、大東建託をPRするんです。私が企画させてもらったのは、青梅市の産業観光まつり。農家さんが野菜を販売したり、飲食店さんが屋台を出したりしている隣で、お子さん向けにボディペイントのブースを出しました。肌にも地球にも優しい素材でボディペイントを楽しめるようにしたんですが、とっても好評で、地元の方から「最近、大東建託さん頑張ってるね」とお声がけいただいたんですよ。やっぱりそういうのは嬉しいですね。自分の携わった仕事で誰かが喜んでくれて、地域での大東建託ブランドがアップする。学生時代に学んだ地域社会学の知識を活かせている部分もあって、とてもやりがいを感じますね。
たった1年ですが、本当にいろいろなことを経験させてもらえたと思っています。でも、もちろんまだまだ勉強中。分からないこともたくさんありますが、先輩方が丁寧に教えてくれるので、安心して新しいことにも挑戦できるんです。私も早く、周りに安心感を与えられるようになりたいですね。知識も経験も足りないですが、まずはとにかく笑顔でいることを心がけています。Give & Takeじゃなくて、Give & Give。常に与えられる人になってみせます。いつも笑顔で、気にかけてくれる、先輩のように。