大東建託

ナビ

ユーザーが『使いやすい』
システムをつくる為に。

老沼 樹里Oinuma Juri

SE職/2013年入社

自分の仕事の評価がダイレクトにわかる。
社内SEだからこそ、感じられる喜び。

もともと理数系が得意で、大学では情報学科に所属。専門的なことを学びたいと思い、大学院まで進学し、動画を使った情報処理技術を研究していました。大東建託に入社を決めた理由は2つあります。1つは家族全員が建築系の職に就いていたので、自然と建築関係に興味を持ったこと。そしてもう1つは、大学で学んだスキルを活かせるようにとSEを志望していたことです。なかでも、ユーザーの近くでニーズや評価を直接聞くことができる、社内SEを目指していました。実際に入社してからも、この点はイメージ通りでしたね。これが良かった、ダメだったという声をダイレクトに聞けるので、勉強になりますし、なによりモチベーションにつながっています。
社内SEの仕事は主に要件定義や設計書の作成、そしてプロジェクトマネジメント。実際のプログラムは社内に常駐している派遣の方や、外部の開発会社さんに依頼して作ってもらいます。パソコンの前に座っているより、周囲の人とコミュニケーションをとる時間の方が長いですね。実際の業務をじっくりと見せてもらったうえで、手間がかかっている作業や使いづらい箇所を見つけ出して、新しいシステムの要件を決めていく。自分が携わった仕事が社員の役に立っていることを実感できるのは、本当に嬉しいですね。

ユーザーを徹底的に理解し、
意味のあるシステムを生み出していく。

実はわたし、大失敗したことがありまして・・・。システムトラブルで、全国の支店の業務を1時間ほどストップさせてしまったんです。支店と本社の環境が異なっていることに気づかず、本社の環境にしか対応していないシステムをリリースしたことが原因でした。でも、事態が発覚した直後から上司や先輩がどう対応するか、どう連携するかを非常にてきぱきと整理してくださって。わたし一人だったら、確実に1時間では復旧できなかったと思います。もちろん後で叱られましたが、まずは起きてしまったことをどう解決するかを明確に示し、そのうえで今後同じトラブルを起こさないためにどうするかを一緒に考えてくれたんです。日頃からどんなことでも丁寧に教えてくれますし、本当にすごい先輩たちだなと、感謝しています。
これからは、もっともっと社内のことやシステムを使う人たちのことを理解していきたいですね。開発側が「作りやすい」システムではなく、ユーザーの皆さんが「使いやすい」システムを作らなければ、意味がありません。わたしが起こしたトラブルも、現場の業務や社内の環境に対する理解が足りなかったことが原因です。システムの知識と同じかそれ以上に、ユーザーや現場の「リアル」を知ることが大切だと思います。どんな時も、使う人を置き去りにしないように。意味のあるシステムを作ることを、心がけていきたいですね。