大東建託

ナビ

ABOUT US ABOUT US

Vision Vision

新しい暮らしを、大東建託から。 新しい暮らしを、大東建託から。
大東建託グループが行っている事業は、お客様の建物賃貸事業の総合支援です。 つまり大東建託が賃貸アパート・マンションを企画提案から設計施工し、 大東建託パートナーズが管理・運営、大東建託リーシングが入居者を募集・仲介していくことです。 グループが全国で管理している管理戸数は2017年1月に 100万戸を達成しました。業界トップの実績ではありますが、日本の賃貸住宅は1850万戸といわれています。 つまりシェアでいうと、まだ5%ほど。この数字は、まだまだ伸ばしていけると考えています。 今後も、「大東建託株式会社」と「大東建託パートナーズ株式会社」、新たに大東建託株式会社の 不動産仲介部門を分社化し設立した「大東建託リーシング株式会社」を主要3社と位置付け、 「賃貸経営受託システム」を核とした各事業において、オーナー様、入居者様、地域社会へ、 より質の高いサービスを提供してまいります。 一方で、これからの日本では、少子高齢化や人口減少という問題をさけて通ることはできません。 そこで大東建託では、これまで培ってきたノウハウを活かした新たなビジネスにも着手しています。 3つの大きなチャレンジについて少しだけご紹介します。
キャリアステップ

世界に先駆けて超高齢化社会を迎える日本。ほかのどの国もまだ体験したことのない社会です。国としても、厚生労働省と国土交通省が共同して、サービス付き高齢者住宅を増やしていこうという方針を掲げています。私たちも、この事業を本格化し、高齢化社会を支えたい。そのために、医療や介護、保育にかかわる事業を行う株式会社ソラストと、2015年末に資本業務提携を結びました。医療・介護のソラストと、建築に強みを持つ当社が協働することで、超高齢化社会にフィットする新たな住まいのあり方を提案できると確信しています。

キャリアステップ

地球規模で重要な課題となっているエネルギー問題。この問題に取り組むことも、私たちの挑戦のひとつです。たとえば、自然エネルギーと蓄電技術を賃貸物件に応用していくことができれば、電力を自給自足できるようになる可能性もある。「電力を発電しても売り先がない」という声を耳にすることもありますが、当社には100万戸を超える管理戸数があります。つまり、管理している賃貸アパート・マンションに電力をそのまま供給することも可能。自社の強みを活かして、地球にも優しい住まいや暮らしを実現していきます。

キャリアステップ

マレーシアや上海など、これまでも海外展開の実績はあります。しかし、それらはあくまで当社が投資をする不動産開発でした。今後は、現地の方々に使ってもらうための賃貸住宅を開発していく方針です。賃貸住宅は世界中に存在し、資産運用・資産管理も世界共通の大きなニーズ。でも、当社のようにトータルで賃貸住宅事業をサポートできるビジネスモデルは世界にはまだありません。国によって法律が異なることもあり、簡単なチャレンジではありませんが、大東建託のビジネスモデルは、世界でも必ず通用する。そのことを、これから証明していきます。

Vision Vision

大東建託の実績

土地活用のプロフェッショナルである大東建託は、東証1部上場、売上高は1兆4,000億円以上 、社員数は1万名を超えます。ここでご紹介した取り組みにチャレンジできるのは、本業で圧倒的な成果を上げ、ノウハウを蓄積しているからこそ。安定成長を続ける本業をベースに、未来に向かって新たな事業に挑戦する。それが大東建託の経営方針です。現在も変化・成長の真っ最中ではありますが、少しだけこれまで積み上げてきた実績を紹介させてください。

1年間におよそ63,000戸。これは大東建託がプロデュースしている住宅の戸数です。市場経済研究所・不動産経済研究所のリサーチによると、この数字は実に8年もの間、ナンバーワンの座を守り続けています。

土地オーナー様の大切な土地に対してベストな建物賃貸事業をご提案し、賃貸住宅の設計・施工、入居者様の募集・仲介・管理まで、ワンストップで行っている大東建託。現在の総管理戸数は約1,000,000万戸(2017年1月1日時点)。名古屋市の総世帯数(973,000戸)とほぼ同等の管理戸数も、もちろん業界トップです。※大東建託グループ実績

「アパートを建てても、入居者さんがいなかったらどうするの?」という悩みをゼロにするために、大東建託では、35年一括借り上げという独自の仕組みを開発。空き室による家賃収入低下のリスクがなくなり、安心して土地活用に踏み出せるというわけです。

Message Message

Message Message
人事部次長

中村 武志NAKAMURA Takeshi

働く場としての大東建託の一番の特徴は、実力主義を徹底していること。入社年度や年齢などは、全く関係ありません。成果を出した人が、公平に、適正に認められます。成果とは、営業職であればまずは営業実績。その他にも、様々な課題やミッションに対して、目標を立てて達成していくことが求められます。
実力主義だから、出世のスピードも人それぞれ。入社5年で課長になる人、7年で支店長になる人もいます。一方で、結果が伴わなければ降格という決定が下されることも少なくありません。昇進したから安心、ではなく、常に周囲の仲間とお互いに切磋琢磨しながら成長し続けていってほしい。そのために、可能性ややる気のある人にはたくさんのチャンスを用意して、結果に対してフェアに評価していきます。
もちろん、仮に降格したからといって、落ち込む必要もありません。失敗は許される環境です。挑戦なくして、失敗なし。失敗なくして、成長なし。成長を目指す限り、誰にでも失敗はあるのです。くよくよしているのではなく、もう一度頑張ろうと切り替えて、さらなる成長の機会にしていってほしいと願っています。

もうひとつ。当社の特徴は仕事を任せるスピードが速いということ。どの職種でも同じですが、ある程度仕事を覚えてきたら、どんどんやってもらう方針です。もちろん、放ったらかしにするという意味ではありません。個々のペースに合わせてメンター社員が適宜フォローしていきますが、どんどんやってみたい人には、どんどん任せます。根本にあるのは、「人」を信じるという基本スタンス。誰もが、大きく成長を遂げる可能性を秘めています。スピード感をもって、新たな業務に挑む。結果として仕事の幅が広がって、やりがいも大きくなっていく。そして、やればやった分だけ、正当に評価される。このような環境だからこそ、若いうちから、圧倒的なスピードで成長できます。積極的に自分の可能性を拓いていきたいという方には、ベストな環境だと言えるのではないでしょうか。
そして、わたしたちの事業の本質は、お客様一人ひとりと密度濃く関わり、信頼関係を築くこと。どのような職種であっても、いい仕事をすれば、「ありがとう」とお客様から感謝の言葉を直接いただけることがあります。報酬を受け取りながら心から感謝される。そして、自分自身を磨くこともできる。このような環境で、一緒に頑張っていただける方を、大東建託は求めています。